シート化のパイオニア : キング食品の3つの強み

挑戦してきた加工技術
top.image

 

 

機械改造からスタートしたシート加工技術

 魚のすり身を薄く伸ばして焼き上げる「焼きかまぼこ」は、当社の技術を特徴づける製品のひとつです。

 原料であるタラのすり身を練り合わせ、薄いシート状に成型後、調味液で味付けしたシートを焼き上げます。この「焼きかまぼこ」の原型を専用の裁断機で食べやすい大きさに均一に裁断し、選別するのが一連の工程です。 食品をシート化するにあたり、開発当初はまだ専用の機械がなかったため、紙用の機械を改造して使っていました。既製の製造機械では実現できなかった技術も、自前で改良を重ねることによって、自社独自の技術として蓄積していくことが可能になりました。

 

シート加工技術

極限の薄さを実現した生産部門の挑戦

 水分を含んだすり身を薄く伸ばし、切れないようにシート状態にして次の工程に移す、さらに焼きあがったものを細かく裁断するためには、シート化だけでなく「乾燥」「焼き」「裁断」の技術も必要です。
 機械の微調整や原材料の配合に試行錯誤を重ね、すり身とは思えないほど極限まで薄く伸ばす事に成功しました。シート状に伸ばしたすり身は乾燥させるとさらに薄くなり、それを独自の製法で焼き上げることによってシートが発泡し、ふんわりとした独特の食感を持つ「焼きかまぼこ」ができあがります。
 この「焼きかまぼこ」の開発に携わった技術者は、現役で今も当社で活躍しています。「焼きかまぼこ」のパイオニアから直接指導を受けることができるため、「なぜこの工程が必要なのか」といった疑問をダイレクトにぶつけ、課題を解決することができます。人から人へ技術の継承がなされていることが従業員の誇りでもあり、品質へのゆるぎない自信につながっています。

 

生産部門の挑戦

多様な素材を使った新たな試みへ

 シートの味付けは定番の味から辛口タイプ、各種調味料による風味など、その時々の味のトレンドも取り入れてきました。味付けしたシートを焼き上げ、細いスティック状やチップ状に裁断していきます。多彩なサイズ、形にカットできる設備も当社の自慢のひとつです。
 おつまみとしての焼きかまぼこの製造がメインですが、水産・畜産など既存品にとらわれない素材をシート状に加工した製品の開発にも取り組んでいます。すり身とは性質も風味も異なる食材に試行錯誤の連続ですが、シート加工技術による新たな可能性を広げるための取り組みとしてチャレンジを続けています。
 
 仕事に失敗はつきもの。大切なのは失敗した後、言い訳ではなく、失敗の
原因を考えることができるかです。一人の失敗も、みんなで考えれば必ず成功に
つながります。「失敗を恐れず、次につなげていこう、そこから何かをつかもう」
という雰囲気が当社にはあります。シート加工の技術は焼きかまぼこだけで
なく、さまざまな食品に応用できる可能性を秘めた技術です。今後は「焼き
かまぼこ」に続く独自性のある食品を提案していきたいと思っています。

 

商品紹介

焼きかまぼこ 焼きかまぼこ辛口タイプ 魚肉シート

焼きかまぼこ

特 徴:魚肉すり身を使用し、ソフトにしょう油味で焼き上げたシーフードスティックです。おやつ、おつまみに最高です。

流通方法:常温

賞味期限:120日

焼きかまぼこ辛口タイプ

特 徴:魚肉すり身を使用し、ソフトに焼き上げ辛口仕上げしました。辛口な味がすり身と最高にマッチングしたおつまみです。

流通方法:常温

賞味期限:120日

魚肉シート

特 徴:魚肉すり身を使用し、薄くシート状に乾燥仕上げしたシート食品です。サンド用のシート等にお使いください。

流通方法:常温

賞味期限:120日

辛口焼きかまチップ  

辛口焼きかまチップ

特 徴:魚肉すり身を使用し、ソフト&こんがり仕上げしたチップタイプの辛口乾燥焼きかまです。

流通方法:常温

賞味期限:120日

色つきシート

特 徴:魚肉すり身に着色をして乾燥仕上げしたシート食品です。巻いたり、カットしてお使いください。

流通方法:常温

賞味期限:120日

シート化のパイオニア  ミキシングフローズン  ドライフーズ
試作品開発・商品開発  安全・安心への取り組み  お問い合わせ・ご相談

 

あらゆる食品加工へ挑戦する
キング食品へのお問合せ・無料相談